ミカルディスミカルディスは、血圧を下げる薬である、降圧剤の中でAngiotensinIIReceptorBlocker(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)、通称ARBと言われる種類の薬になります。
このARBの主要な効果としては血圧を下げるというものが挙げられますが、これ以外にも、臓器が傷つく事の内容にする臓器保護機能であり、一錠飲むだけで、多くの体にいい効果が期待できるので、とても頼りになる薬です。
そんなARBの一つであるミカルディスは、ARBの特徴である、血圧を下げる効果と、臓器を保護する作用、に加え、尿酸値や血糖値も下げる効果をもっているので、高血圧と一緒に糖尿病も患っている方には特に向いている薬と言えるでしょう。

このミカルディスですが、効果の持続時間がどのくらいなのでしょうか。
ミカルディスには20mgのものと40mgのもの、80mgのものの三タイプの錠剤があるのですが、成人であれば、まず20mgから試しに初めて見て、問題が無いようであれば、40mgに増やし、効き目がちゃんと出ているようであれば、基本的にこの40mgの錠剤を使用し続けることになります。
一日1錠の服用で24時間効果が継続するので、明け方や夜中に血圧が上がりやすい傾向がある方にとっても安心してしようできる薬と言えるでしょう。

ただし、ミカルディスも薬なので、副作用というものが存在します。
ミカルディスの副作用として報告されているものはめまいや低血圧、頭痛などの軽度の者から、腎機能・肝機能障害などのような重篤なものもありますが、きちんと用法・用量を守っていれば重篤な副作用が起きる可能性はほとんどなく、副作用の発生率もだいた6%とされています。